情報教材についての基礎知識 | “隼”のグッとくる情報見極め術

情報教材についての基礎知識


今回は情報教材そのものについて考えてみましょう^^
しっかりしたものを選定する基本的なコツです。。

実際に購入者として見る点でもアフィリエイトをする上でもどのようなものなのか、
お客様に推薦できるものか選定する上で考えてしまうことは多いですよね。。

失敗しない選び方の基本について説明していきますね。

まずは「何の情報をを求めるか」がキーポイントです

これまで購入された経験がある方はお解りかもしれないですが、
情報教材は大きく分けると以下のようなカテゴリーに分かれます。

  • お金儲け系
  • コンプレックス系
  • ギャンブル系

もちろんこの他にもありますがあくまで大カテゴリーとして捉えてくださいね。

まずお金儲け系ですが、情報教材の中では群を抜いて多いカテゴリーです。
おそらく購入経験のある方は最初にこちらを選ばれた方も多いと思います。

実は最も多いカテゴリーゆえに曖昧なものも多いのが現状です。
少し範囲を狭めると

  • ネットビジネス系
  • オークション、転売系
  • 即金系

という具合に分かれます。

同様にコンプレックス系では

  • 体の悩み(ダイエット、育毛、病気等)
  • 精神的悩み(赤面症、うつ病等)
  • 対人関係(浮気調査、モテ系等)

なんかが多いですね。
モテ系は厳密にはアダルトカテゴリーになるものも多く、
“女の子を虜にする”といった性的欲求の解消につなげるものもあります。

ギャンブルについてはもうそのままです^^
競艇、競輪、競馬、パチンコ等の必勝法や宝くじの当選率を上げるものなど多種多様ですね。。

まず購入する上で重視することは、カテゴリーをチェックして自分が何を求めているかということをはっきりさせることです。
たまたま行き着いたサイトにて魅力的な表現でグッときてしまっても、内容がどういったもので何をすることについて
書かれたものであるかということがはっきりしなければお金を捨ててしまう可能性があります。

また、見ていてなんとなく買ってしまった…
では買ったあとにそれを使用することなくまた次のを買うみたいなノウハウコレクターになってしまう可能性もあります。。

まずはサイトで気になった商品でも自分が欲しているカテゴリーなのか?
ということをよ~く考えてチェックする事が大事です。

大まかな見極め方

まずもっていつも「グッとくる」って言ってる商材は基本的に即金系です。
一言で言うと即金系は確かに稼げるものもあります。

ただ、何もせず勝手に翌日100万円の入金!なんて常識で考えてありえません。
即金系の具体的な見極め方は当サイトの歩き方を参照してほしいのですが、
サイト自体が肝心な内容がわからない作りで逆にワクワクさせる!
ってものが多く、この流れで怪しいものも多いんです。。

稼ぎたい!というのはカテゴライズにはならない単なる欲求です。
何をやって稼ぐのかまでを考える必要があります。
教材内容について明記されたものを選択する習慣をつけましょう♪

ASPについて知っておこう

情報教材や物販商品にはアフィリエイトシステムがあります。
これは簡単に言うと、販売者が販売サイトをアップしても簡単には
多くに人にサイトに来てもらえないことをカバーする仕組みです。

インターネット販売である以上、販売サイトに訪問してもらえなければ販売までつながりません。
訪問者はサイトに行かない限りその情報を知ることはないからです。

そのため、ブログやメールマガジンなどを使って販売者のサイトに
お客さんを集める手助けをするのがアフィリエイターと呼ばれる人たちです。

アフィリエイターが販売サイトに誘導してそこから販売が成立した場合、
販売者はアフィリエイターにあらかじめ設定した販売協力報酬を支払うという
まあ広告代理業務ですね^^

でもどうやってアフィリエイターからの紹介で販売されたか確認するの?
という疑問が沸いたと思います♪

はい、
ここで登場するのがASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)と呼ばれる販売決済代行会社です。

詳しい話はまた後日しますが、ここに登録すると商品の紹介用URL(サイトアドレス)が発行されて、
そのURLから購入されるとアフィリエイト報酬が入るという仕組みです。

つまり、販売者もアフィリエイターもこのASPに登録して販売しており、
ASPは販売者とアフィリエイターをマッチングさせることを前提としているのです。
その上でカードや銀行振込等によるお客様の決済代行をおこない、その決済代行手数料で収益をあげているのです^^
そして、販売者への売上げとアフィリエイターへの報酬分配を自動的にやってくれる会社ということです。

これによって販売者はアフィリエイターに販売の代行をしてもらえるわけで、
サイト訪問者を増やしたい!という要望にアフィリエイターがこたえているわけですね^^

情報教材のほとんどはASPに出品して管理されており、今説明した方式にてすべてのASPは運営されています。

購入者も知らない間にASPで決済している♪

多くの情報教材では購入時に「お申込みは今すぐこちらから!」といったボタンから決済ページに誘導されます。

↓↓こういうヤツですね^^

これを押したら購入するための名前やメールアドレス入力画面に飛び、
決済方法を選んでそこでもう一回購入ボタンを押したら「ご購入成立!」となります。

はい♪
その個人情報入力、決済方法選択画面こそが教材取り扱いASPのサイトということになります。

例えば…↓↓

これは上の「お申込みはこちらをクリック」をクリックしたら現れた画面です^^
左上にマーキングした赤枠には「infotop」という文字が見えますね。。

つまりインフォトップというASPの決済画面と言うことです。
言い換えればこの教材はインフォトップにて出品されているというわけですね♪

中間にマーキングした赤枠には教材名と価格が表記され、
購入者が確認したら下の赤枠部分に自分の名前やメールアドレスを記入して申込みとなります。

ASPによる特徴の違い

ここまで少し脱線してしまいましたね^^;今回はしっかりとした情報教材を見極めるコツが本題です。。

ではなぜこのようなお話をしたかといいますとASPを知っておいたほうが
今後購入する場合ももちろんアフィリする場合にもお話が非常~に早くなるためです。。

そこで、知っておきたい情報教材ASPの特徴を確認すれば目的のものを早く発見して、
目利きがしやすくなります。

というのは販売者の出す商品やセールスページ(販売サイト)について
ASPは審査をおこなって販売しても問題ないかチェックをします。
この審査をクリアしなければ販売することができないのです。

ASPによる特徴とはこの審査基準にあります。

内容を事細かくチェックし審査が異常に厳しいASPもあれば、
審査基準が優しくある程度の自由度が許されるものもあります。

=>代表的な情報教材ASPと特徴についてはこちらから

今日覚えて欲しいことです!

・自分の欲しいカテゴリーのものかどうかをまずチェック
・内容がどういったものかが理解できるように書かれているものを選ぶこと
・即金系グッとくる表現に惑わされない(面白がって購入するのは大賛成です!)
・販売されているASPによっての違いを知っておく

という感じです^^
余裕が出てきたら市場調査としてグッとくる商材も買ってみましょう♪

=>次の講座へ

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » “隼”のグッとくる情報見極め術

この記事へのコメント

人気ブログランキングへ

“隼”のグッとくる情報見極め術 TOP » 初心者ネットビジネス講座 » 情報教材についての基礎知識