Gmailを活用しよう! | “隼”のグッとくる情報見極め術

Gmailを活用しよう!


ネットビジネスをおこなう上でメールアドレスは必須です。
今回は高度な活用ができるフリーメールである『Gmail』の活用について考えてみましょう^^

gmail
『Gmail』とは世界最大の検索エンジンであるgoogle(グーグル)が主催する
フリーメールサービスです^^
『メールアドレスなら持ってるよ!』って方もこの機会にgmailを知ってください^^
絶対お勧めのメールサービスなのです!

フリーメールとは?

まず最初にフリーメールってなんなのかを再確認しておきましょう^^
その名の通り無料で使用することができるメールサービスのことです。

yahooやmsnなど検索エンジン運営会社には必ずと言っていいほどこのサービスがあります。。
フリーメールサービスは、アカウントと呼ばれる自分のIDを登録することでいつでもどのパソコンからでも
メールを確認することができ、送受信も思いのまま♪という便利なアイテムです^^

『なんでそんなの無料で使えるの?』って思ってしまいますが、
フリーメールサービスは各検索エンジンのトップページよりログインすることが基本になっており、
このサービスは各検索エンジンが自サイト利用率向上のためにおこなわれているのです。

Yahoo! JAPAN
例えばyahooメールの場合…

このようにyahooトップページにログイン誘導があり、
『メール=トップページから』が習慣になっちゃいます。
つまり、yahooメールユーザーが増えればトップページの
閲覧率が上がり、メール上の広告や下の天気予報、
またまた他のニュース記事なんかをクリックする確立が
上がりますよね?

更に、常に使う検索エンジンがyahooになり、メールもyahooなんていう
相乗効果で利用者が爆発的に増える。。という狙いなのです^^

参考資料として以下にMSNとlivedoorのトップページを挙げてみました。。
MSNではhotmail、ライブドアではlivedoorメールのように他の検索エンジンでも同様の仕掛けが施されており、
フリーメール使用で自前の検索エンジン利用率を向上させる狙いがあるのです。

MSN-livedoor

また、フリーメールを使用するとメール本文のフッター(一番下の部分)に広告が入るなどしますので
しらずしらずのうちに広告に協力している形になるのですよ^^

フリーメールの問題点

無料で使えて非常に便利なのですが…
この便利なメールサービスはたちまち大流行となり、手軽にアカウント作成ができることからあらゆるところで
利用されるようになりました。。例えば、スパムメールの発信アドレス等が代表的です^^;
いわゆる迷惑メールですね。

このため、フリーメールから発信したものが受信者の迷惑メールフォルダに入ってしまうという被害が出始めました。
同様にフリーメールの親分であるyahooなどの検索エンジン側でも迷惑メールのフィルタリングが施されるようになり、
yahooメール宛にyahooメールから送ると迷惑フォルダに入るなんていうコントみたいな事態が起こるようにもなりました^^;

そのため、あらゆる場面で『yahooメールやhotmailでは登録ができません。』といったフリーメール制限が多くなり、
@yahoo.co.jpなんかのフリーメールが印象的に良くなかったり、確実に相手の受信箱に届かなかったり…という事態で
商用に利用することが印象も悪いし確実性が低いとなっているのが現状です^^;
印象って怖いです… 確かに大手企業がフリーメールでなんか言ってきたら「大丈夫かぁ~?」ってなりますもんね。。

前振りが長くなりましたが、ここでgoogle先生のgmailです!
こいつは少し他のフリーメールとアプローチが異なるのです。。

Gmailとは?

他の検索エンジンと同様、サービスの一環でスタートしたフリーメールサービスです。
ところが、サイトでの広告クリックに誘導する他のポータルサイトのような手法をおこなっていません。。

Google
これはgoogleのトップページですが恐ろしいほどにシンプルですね^^;(左上の矢印がGmailのログイン画面につながっています。)
もともとgoogleは他の一般検索エンジンとは異なる広告手法で勢力を伸ばしてきました。
一般市場広告ではなく、自社開発のネット3D地球儀『google earth』や細部まで撮影された写真地図などを提供し、
会社の開発力とブランド力でスポンサーを多数抱えて成長してきており、他と一風変わっています。

そのため、ニュースはニュース、メールはメールみたいに完全に独自項目で分けてしまう手法をとっても
Googleサイドは収益が挙がる具合までになってるんですね^^
トップページにコンテンツが爆発的に多くて、フリーメールの存在もすぐ確認できる他の検索エンジンと違い、
Googleはひっそりと『Gmail』って隅っこに書いてる状態ですので、Gmailは認知度が低いという理由もあるかも知れません。

なんにせよ一般的にGmailの印象はフリーメールの中でも高く、迷惑メールに入ることが少なく
他のフリーメールとは違う独自の地位を築くことに成功してきたというわけです。。
Googleの内部開発技術力が活かされたメール機能でかゆいところにも手が届きますからね^^
その流れもあって、フリーメールNGの登録サイトでもGmailであればOKです!なんてところも多いのです。。

◆Gmailの利点
1,迷惑メールフィルタリング機能が非常に優れている
2,アドレスの信用度が高いためハネられることが少なく迷惑判定になりにくいので幅広く活用できる
3,他のメールサービスとの連携が優れており自分のメインアドレスメールをGmailで送受信できる
4,メール振り分け等の機能が高くメインアドレスとしても使える

他にもありますが、これだけでも『非常に優秀だ』ってことはおわかりいただけると思います^^
隼も仲間内との連絡はほとんどGmailですし、仲間もGmail使ってます^^

Gmailを取得しよう!

ではではGmailの取得についてお話ししますね^^まずは以下からGmailのページを開きましょう。

⇒ Gmail公式ページ
Gmail login
このページがアカウント開設後も使用するGmailログインページとなります。
まずは右下の『アカウントを作成する』をクリックです^^

するとアカウント登録画面になります。
アカウントというのはGoogleのサービスを使用する会員登録のようなものです。
記入項目に従って説明していきますのでチェックしながら進めてください^^

■姓名
いわゆるアカウント管理者の情報です。ローマ字で表記する人も最近は多いですね。
メールアドレスaaaa@gmail.comの管理者は山田太郎(taro yamada)さんみたいな設定ですね^^

■希望するユーザー名
希望メールアドレスの取得ですね^^既に使われているものは新たに取得することができません。
『これにしてみようかな』っていうものが使用されているかどうか『使用できるか確認』でチェックできます。
また、希望名が既に使用されている場合でも自動的に近い候補を表示してくれます。。

■パスワード
ログイン時に必要となるパスワードの設定です^^
簡単にわからないパスワードを8文字以上で設定しましょう。(設定パスワードの安全性確認もしてくれますよ)

■ログイン状態の保持、web履歴の有効チェック
ログイン状態の保持にチェックを入れると、次回からgmail起動時にログイン画面を飛び越えてメール管理画面になります^^
パソコンが記憶するんですね^^通常はチェックを入れておけば便利ですが、共用パソコンの場合は外しておきましょう。
web履歴はオンにしておいて大丈夫です。

■セキュリティ保護の質問
パスワードを忘れたときに本人である確認をするためにおこなう質問の設定ですね。。
初恋の女の子の名前など選択肢は多いので自分にしかわからない質問をつくりましょう^^

■予備のメールアドレス
プロバイダメールなど、メインメールアドレスをお持ちの場合はできるだけ入れておきましょう。
アカウント管理者情報を確認する際などにGoogleからメールがとんできます^^
(メインメールからGmail転送をするなどいろんな使い方ができますからね。)

■文字の確認
Gmail宛にアカウント情報を認証させる文字での確認です。
BOX内に表示されている文字をそのまま打ち込めばオッケーですね^^
ですがこれが見にくくて送信時に1回で成功しないかも知れませんが、やり直しは何度でも効きます。

あとは利用規約を見て『同意して、アカウント作成』をクリックです!
↓↓こんな画面が出れば成功です^^

Gmail登録完了画面
はい!もうこれであなたのGmailアドレスはできあがりました。簡単でしょ?^^
メールボックスを開くをクリックすれば、あなたのGmailがいつでも使用可能です。。

次回からは検索エンジンに『gmail』って入れれば一番上に表示されますのでそいつをクリックすれば
いつでもどのパソコンからでもログイン可能です。。
(もっと簡単にログインできる方法もあるのですが、それは次回以降お話ししますね^^)

以上アカウント作成でした♪

Gmailをうまく使えればネットビジネス運営は楽チンです♪

よく聞くご意見で
『Gmailってなんだか難しそうで取っつきにくいんですよね…』ってことが多いです。
yahooメールやgooメールなんかをバリバリ使ってる人でもGmailは使っていないって人が多いです。

これはおそらく他の無料メールサービスと使用感が異なるためだと思います。
Yahooメールやgooメールなどはそれぞれ使用感が結構似ている感覚がありますが、
Gmailの場合はOutlookExpressやWindowsメールに使用感が近い感じがします。。

実はもともとGmailは誰でも取得できるフリーメールじゃなかったんですよ。。
既に利用している人からの紹介を得て初めてアカウントが作れる仕組みだったんです。mixiみたいなモンですね^^
Googleが爆発的に急成長したタイミングで『助さん角さんもういいでしょう^^!』みたいに一般公開されたんですね。。
でっ、このmixi期間に使用者の意見などを吸収してセキュリティや機能が充実したんです。

インフォプレナー登録やアフィリエイター登録などでGmailを利用する人もありますので、
『まだメールアドレス持ってねえや』って方は是非参考にしてくださいね。

次回は自動メール振り分け機能でGmailを使いやすくカスタマイズしてみます^^

=>次の講座へ
=>前の講座へ

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » “隼”のグッとくる情報見極め術

この記事へのコメント

人気ブログランキングへ

“隼”のグッとくる情報見極め術 TOP » 初心者ネットビジネス講座 » Gmailを活用しよう!